2013年2月5日火曜日

2013年 1月

昨年は皆々様の多大なご支援をいただき、国政の場に送って下さいましたこと心より感謝申し上げます。
12月27日に内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官を拝命し、政治に信頼を取り戻すチャンスをいただきました。早くも様々な問題にぶつかっており、改めて引き受けた仕事の責任と重圧を感じております。
早く結果を出し、亀岡を選んでよかったと言っていただけるように頑張りますので皆様のご意見をどんどん送ってください。
本年もよろしくお願い申し上げます。



福島県担当の復興大臣政務官として福島県全市町村の首長さんと意見交換を毎日行ないました。
1/7 9:40-10:10楢葉町仮役場にて松本幸英町長と
   11:30-12:00葛尾村仮役場にて松本允秀村長と
   13:15-13:45浪江町仮役場にて馬場有町長と



 1/8は一度上京し
10:45 環境省 秋野政務官 
11:45 加藤内閣官房副長官とミーティング 13:15原田政策統括官と意見交換
15:00 根本復興大臣より説明を受け、
15:30 石原環境大臣、井上副大臣 往訪
16:00より所管事項説明の中で地元福島の思いを事務方の皆さんに熱く強く伝えました!
16:00-16:30  復興庁 補正予算、復興推進会議について
16:30-17:30 消費者庁 概要、地方消費者行政、改正特定商取引について
17:30-18:00 復興庁 区域見直しについて
18:00-18:30 復興庁 復興交付金について

1/9 福島へ戻り ラジオ収録、新聞取材を受けて首長との意見交換を
15:35-16:05 新地町 加藤 憲郎町長と
16:45-17:15 相馬市 立谷 秀清市長と
17:45-18:15 南相馬市 桜井 勝延市長と
19:15- 川俣町に寄り商工会青年部との意見交換
 
1/10
午前中は自民党各部会へ出席
13:10 復興推進会議
14:30 拉致問題対策本部事務局 より説明を受ける
15:00 経産省より被災地の企業立地補助金・グループ補助についての意見交換
15:50 補正予算について 事務局より説明を受ける
16:30 所管事項説明 原災班より福島特措法について
17:00 所管事項説明 特区について
18:00 福島テレビの中継放送に出演
19:30 復興大臣政務官同士の意見交換会をし、他の復興大臣政務官にも現場ふくしまの意見の共通認識を持ってもらえるように呼びかけ、説明を行った。
 

 1/11 
公務、楢葉町松本幸英町長と意見交換後福島へ戻り、川内村役場にて遠藤雄幸村長と意見交換
その後は地元会合に出席後、久々に地元福島の事務所に戻り秘書の報告を受け、今後の活動について打ち合わせを行った。
 
1/12 久々に公務から離れ選挙でお世話になった皆様とお会いできました。各新年会に出席し数週間の活動を報告し、改めて檄を飛ばしてもらい気合を注入しました。

1/13 相馬市の和田観光いちご園開園式に招かれました。
根本復興大臣、林農水大臣も視察として相馬市へ足を運んで下さりいちご狩りをし、組合の要望を聞いていかれた。

相馬市の成人式にも出席、新成人のみなさんおめでとうございます!皆でふくしま盛り上げましょうよ!

その後は霊山町、国見町の後援会の皆様と会合を持ち、復興推進の打ち合わせをいたしました。

 


1/14 福島市、伊達市、桑折町、相馬市へご挨拶回り。現在公務に追われてこういった日にしか動けないので走り回りました。浜通り中通りの往復では大雪で前が見えなかった。

1/15 上京し9:30より11:20までみっちりと内閣府所管事項説明を受ける。
11:20-11:30 国民生活センターの野々村理事長と意見交換
11:30-11:40 防衛省 深山審議官と意見交換
11:50- 地元より来客
12:20- 地元より来客
13:00-13:15 復興庁 峰久事務次官との打ち合わせ
14:00-14:45 事務説明 復興庁福島班より補正予算について説明を受ける
(平成24年度補正予算+自民党税調 平成25年度税制改正要望について)
15:00-15:30 経産省 三又課長よりレクチャーを受ける
そして福島へ戻り月舘地区の皆さんへ活動、国政報告。
実はこの会場で震災後、月館町の皆さんと意見交換をした際に浪江町から避難してきた若者に大きな声でどなられました。お前たちのせいで夫婦の仲までボロボロだと。。。
バッジが無く救ってあげられずに悔しい思いをした事を強く覚えています。
今は違います。皆さんのご支援の下ようやく結果を出すべく働くチャンスをいただきました。現在裏方で様々な交渉を進めています。少しずつメディアを通して、生活を通して違いを実感していただけると信じています。引き続き皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。
 
1/16 
10:00-11:00 中野福島市議との面談(荒川運動公園の除染についてと399号線の除染について)
11:00--12:00 NEXCO相馬工事事務所長との意見交換
14:30川俣町長との意見交換
伊達市、福島市、桑折町へごあいさつ回り
18:30- 復興推進会議
...
1/17
9:15-9:35 会津若松市長との意見交換
10:30-11:00 大熊町長との意見交換
12:30- 桑折町にて葬儀委員長を務める
上京
17:00 内閣府で福島市長を出迎え、意見交換
18:00- 副大臣、政務官会合にて現状の意見交換 今後について話し合い決める
1/18 10:15-10:45 内閣府所管事項説明
11:00-11:30 復興大臣幹部会議
11:00-12:00 地元より来客
12:00-13:00 古屋大臣、西村副大臣と拉致問題について打ち合わせ 
被害者の親族も高齢化しており早く結果を出さなければ厳しい状況に追い込まれている。
13:15-13:30 経産省 
照井審議官より立地補助金について意見交換
13:30-14:00 国交省鉄道局と海岸の修繕について意見交換
... 14:00-14:15 エネルギー庁 新エネ部佐藤政策課長
14:15-14:30 復興庁より浪江町の区域見直しについて説明を受ける
14:30-15:00 子ども被災者支援法に基づく基本方針について意見交換
福島市へ戻り北沢又の皆様と意見交換

1/19-1/20 地元へもどり福島市、飯坂、黒岩、笹谷、桑折町で意見交換 
そして多数の会合へ出席する。久々に二日間じっくりと地元の皆さんと腰を据えてお話をすることができた。終電で上京

1/21 8:15-9:15 福島県より要望事項の説明を受ける
9:30-11:30 内閣府より所管事項説明
11::45-12:00 小泉新次郎議員と意見交換

福島へ戻り相馬市にて近況報告と意見交換を行う

1/22 9:40-10:10いわき市長と意見交換
11:00-11:30 広野町長と意見交換
14:00-14:30 田村市長と意見交換
15:15-15:45 富岡町長と意見交換
神戸市で行われるアジア防災会議出席のために新幹線で神戸へ

1/23 9:00-9:50 アジア防災会議にて英語でスピーチを行う。
東京へ移動し地元より来客
14:30-15:00 根本復興大臣と打ち合わせをして福島へ
17:30-18:00 FMラジオ収録
... 18:30-地域の会合二か所(福島市飯坂・伊達市保原町)に出席し意見交換を行う。

1/24 9:10-9:40 飯舘村長と意見交換
10:20-10:50 二本松市長と意見交換
上京
13:45-14:00 衆 橋本英教議員と面会
14:00-14:10 内閣府次期通常国会提出予定法案について説明を受ける
14:10-14:30 松本司法制課長と松井参事官来訪
14:30-15:00 内閣府所管事項 説明を受ける
15:00-15:15 農水省より事務説明を受ける
15:15-15:30 復興庁決裁(茨城県復興推進計画の認定

1/25 7:30-8:30 復興庁 副大臣・政務官会議
8:45-9:00 国交省 来訪
9:00-9:30 新地町 加藤町長来訪
9:30-9:45 内閣府 男女共同参画局より説明を受ける
10:25-10:45 総理官邸にて拉致問題対策本部の会議
11:00-11:10 農水省事務説明 相馬市排水場について
11:10-11:40 森大臣と打ち合わせ
11:40-12:00 内閣府所管事項 説明を受ける
12:0-13:00 地元より来客
13:00-13:30 内閣府所管事項 説明を受ける
13:30-13:45 東北電力 安倍副社長と面会
13:45-14:00 復興庁より事務説明を受ける
14:00-14:30 予算班、太田参事官より25年度予算の説明を受ける
14:30-14:40 復興庁より事務説明を受ける
15:00-16:00 古屋拉致担当大臣と特定失踪者御家族等との面会
福島へ戻り地域の会合二か所に出席し意見交換を行う。
 
1/26-1/27 土日は地元選挙区の地域の会合やイベントで意見交換をしました。いつもお世話になっている真浄院さんの新年会で住職網代様より講話をいただきました。中でも、アルジェリアでの悲惨な事件に触れられて「我々の仇討の文化は江戸時代で終わった。被害者の親族の気持ちを思えば胸が引き裂かれる思いだが、報復のためにさらなる被害者が出ることや、世界平和のことを思えば冷静に対応してほしい」との言葉が残りました。皆様はどうお考えになりますか?
もう二枚のお写真は
協三工業にてSL火入れ式のお写真
伝統文化の継承、福島復興の思いが重なりこのように形になっていく姿は本当に素晴らしいと思います。加藤守社長、岡一美会長、そして今回の作業に携わった皆様に敬意を表し感謝申し上げます。
 


 
1/28
9:00-9:15事務説明を受ける(防災:災害時要救護者ガイドラインの改訂)

9:30-10:00事務説明を受ける
(内閣府:株式会社企業再生支援機構法の一部改正法案)

... 10:00-10:30事務説明を受ける(復興庁:茨城出張について)
復興大臣政務官として茨城県も担当しています。
結構みなさん驚かれます。
10:30-11:00所管事項説明を受ける(内閣府:官民競争入札)
11:30-11:45 両院議員総会
12:00-12:05 本会議(議席指定、特別委員会設置)
13:00-13:15 開会式
13:30-13:45 復興推進会議について打ち合わせ
14:00-14:25 衆・本会議(所信表明演説)
15:00-15:30 資源エネルギー庁 髙原長官と意見交換
15:40-16:10 環境省 藤塚中間貯蔵チーム長と意見交換
17:00- 達山会総会
先週ついに国会が開会しました。
今国会では特例で委員会に所属しないことをお許しいただき
福島県担当の政務官として復興に重点をおいて活動することとなりました。
達山会総会では多くの皆様にお運びをいただき感謝申し上げます。
被災後特にご支援下さっている皆様へ早く結果を出してご恩返しできるように頑張ります。
1/29 茨城県の事務所へ出向き、県知事と今後のことについて打ち合わせをしました。東京→茨城県→福島県伊達市→東京と肩のこるすごい移動距離でした。

10:00-10:15復興推進会議
10:30-11:10政府・与野党拉致連絡会
上野駅 → 水戸駅 (スーパーひたちにて移動)
13:00-13:30 茨城県知事との打ち合わせ
茨城県庁 → 伊達市保原(車で移動)
17:30-19:30 保原町の会合へ出席後上京

茨城県知事とのやりとりなど記事になりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000026-mailo-l08
要望を受けて、復興特区法に基づく特例措置で
仮設の公共施設の継続使用を認定しました。
 


1/30
9:15-9:30 北村内閣情報官と意見交換
9:30-10:00 復興庁 米田参事官:福島町村会陳情について説明を受ける
10:00-12:00 内閣府より共生社会政策についての説明を受ける
12:00-12:10 県町村会 大島東日本大震災復興加速化本部長に要望
12:00-13:00 福島県国会議員会(第2回)
12:45-13:00 代議士会
13:00-16:00 衆・本会議
13:30-13:15 福島町村会より要望を受ける
13:45-14:00 復興庁 村手参事官:自治体への人的支援について説明を受ける
 



 写真は福島県国会議員会、県町村会の皆様との会議にて
14:00-14:10 福島復興総局立ち上げについて打ち合わせ
16:15-16:45 文科省 戸谷研究開発局長:原子力損害賠償について)意見交換
16:45-17:00 地元より来客
17:00-17:40 復興庁:企業立地補助金、二本松工業団地、グループ補助金について意見交換
17:40-18:00 消費者庁:(自)消費者問題調査会について打ち合わせ
続きを読む

1/31 
9:00-9:45 自民党 消費者問題調査会へ出席、部会長等ひな壇に並ぶのは被災後お世話になった船田元先生、永岡桂子先生とともに問題調査を徹底する。
9:45-10:00 防災:「第3回国連防災世界会議」開催都市選定方法についての説明を受ける
10:30-11:30 消費者庁:預託法政令・府令について説明を受ける
13:10-13:45 復興庁政務会議・幹部会議
14:00-16:40 衆・本会議(代表質問)
... 17:00-18:00 地元より来客
18:15-18:45 復興庁:住民意向調査について説明を受ける
19:00-20:30 自民党県国会議員懇談会


 
写真は消費者問題調査会であいさつをするところ 
 




 
復興庁ができて皆さんが描いた復興庁とのギャップがあったと思いますが、良い方へどんどんと動かしています。
まず、今回の補正予算 復興庁の予算の要望が0でした。これではいけないと事務方と激しく交渉し、安倍晋三総理、根本匠大臣、浜田昌良副大臣と一体となり208億の予算を国が箇所づけのようにつけることができる皆さんにとって使いやすい形で予算を獲得しました。
福島全体の問題を解決するためには、放射性汚染物質の中間処理、最終処分場が不可欠になるので、国がおしつけるのではなく地元の皆様と寄り添う形で。早く進むのであればこれまでの流れを白紙に戻してでも前に進めて打開策を見出すべきと考えます。
浜通りでは、津波被害で国道6号が片側一車線ということで逃げ切れずに命を落とした人々も多く、地元の皆様は早く四車線化してほしいとの言うのに中々出来ない。 
同じく地元の要望で浜通りでJR単線を複線化したいと思っているが、JRや鉄道局の理解が必要になってくる
少々乱暴でも夢を描きたい
半年で結果を出す為には少々ハレーションが起きると思うが、我を捨ててでも結果をだして早く若いお母さん、子ども達に安心して生活できる環境を整え、政治に信頼を取り戻すべく働きます。