2012年4月24日火曜日

2012 4月の活動

4/22 第19回亀岡よしたみ杯ソフトボール大会の抽選会を開催。 今年は史上最多の53チームの出場です(甲子園より多い)ご参加有難うございます!4月30日十六沼公園にて開会します。
大会トーナメント票はこちら↓クリックで拡大



4/22 震災以降支援下さっている東村山市議の土方桂議員が3日間のボランティアで来福。この日は各地で春季祭礼が開催されていたので同行していただき、皆と直に触れあってもらった。朝5時起きのハードスケジュールでしたが、常に元気いっぱいでした。 三日間福島ですごして「こう一緒に生活していると、とても放射能に汚染されているなんて信じられない。これからもずっと一緒に頑張ります」と地元農家の野菜や果物を買う約束までして東京に帰って行った。 




4/15-17 福島市、伊達郡、伊達市各地で春季祭礼が催され、昨年震災で見送られた各地域のお祭りも盛大に行われていました。こういった活動がまさに我々ができる復興への一歩であり本当に素晴らしいことです。







4/15 福島市 アオウゼで裏千家淡交会 春の茶会を開催。美味しいお茶菓子にお茶もさることながら、この部屋にこの雰囲気をだしてしまう庭師さんの技術と心意気にも脱帽!

4/14 自由民主党 伊達市総支部の総会に出席。伊達市の現状について意見交換
支部長を務める裏千家淡交会の研修会 に参加。日本の伝統を学ぶ皆様の真剣な態度に明るい日本の未来、福島の未来を重ねみる。
4/6-8三日間南相馬市の仮設住宅8カ所で箏の奏者榎戸二幸さんとヴァイオリンの奏者寺島貴恵さんが新しい生活設計を立てられず苦しむ仮設住宅で暮らす皆様にひとときの癒しを〜とご来福下さいました。その後亀岡も皆様の「もとの暮らしを取り戻したい」「地域のコミュニティを取り戻したい」「どうして福島の復興はこんなにおくれているのか」との切実な思いを受け止めました。



仮設住宅の集会所では至る所に日本中からの応援メッセージが届いていました。頑張れ東北!頑張れ福島!としっかり届いてます!ありがとうございます!オールジャパンのマインドを忘れずにひとつひとつ進む。

昼食は4/1にお会いした横山さんとの約束を守り「かしま福幸商店街」仮設店舗で営業を再開した南相馬市小高区の双葉食堂でもやしラーメンをいただきました。お店も大繁盛でとても美味しかったです。



商店街ではたくさんのお店が福島の再興の為に全力をあげていてこちらの氷感市場でもたくさんの工夫された商品が並び、仮設に住む皆さんの生活に貢献しています。私もトマトといか人参を購入


4/1 原発20キロ圏内の南相馬市小高地区に住んでいた皆様とお会いして意見交換をしています。皆離れ離れの中集まって話を聞いて下さって本当に有難うございました。

0 件のコメント: