2011年8月21日日曜日

8月の活動

ちゅうりっぷ保育園のケヤッキー祭りで子供達と、安全安心の福島をいちはやくとり戻します。
仮設住宅でもお話をさせていただき、相談にのった。
吾妻地区で開催した報告会
岡山県の高校球児、丸山 明 君がボランティア活動に来てくれた。ありがとう。
毎年開催しているバレーボール大会を今年も開催、人数が少し減ってしまいましたが皆さん元気はつらつでした!

―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8/23
自民党 西村やすとし議員の紹介で、日本電動式遊技機工業協同組合、回胴式遊技機商業協同組合よりカード式の放射能線量計が寄付された。このカードタイプはガラスバッジのように累積線量を色で表わすタイプであるため、現在福島市が必要としているホールボディーカウンターやハンディータイプの線量計がほしいとの要望を伝えたところ、持ち帰り検討して下さるとの答えだった。



夕方は保原町大田地区にて報告会を行い、地域の皆様の質問に答えた。


 8/24 毎年夏に開催されるきて!みて!呑んでラリーが華やかに開催された。
実行委員の皆様も色々とお考えになられて協議の結果開催にふみきったとのことでしたがたくさんの人で賑わい、元気なふくしまが戻ってきたのを実感できた。皆様お疲れ様でした。




ゲストで呼ばれたあんときの猪木さんと

 8/25 


竹歳 誠 事務次官に現状を説明


宿利正史 審議官

大口清一 審議官

佐藤直良 技監

小澤敬市 官房長

国土政策局 中島正弘 局長

皆川 芳嗣 林野庁長官



山田修路 農林水産審議官と

8/26













----------------------------------------------------------------------------------
8/5松川町水原地区でIAEA,チェルノブイリ調査研究報告会を行った。




 8/6南相馬市原町区での報告会


 南相馬市鹿島区での報告会

 8/7自粛して盆踊りやお祭りを開催しない地区も多かったが、月の輪地区では縮小して子供達は映画観賞会という形で皆が集まっていた。


 松川町原中地区では例年通りのお祭りが開催されていた。

 飯野町・藤野様のお宅で報告会をさせていただいた。若い女性の方々が亀岡に多くの質問を投げかけていた。





8/8亀岡が理事を務めるティーボール協会では被災地の子供たちを招いてティーボールの選手権大会を所沢の西武ドームで開催した。
  世界のホームラン王 王さんを指導した荒川博さんと
王 貞治さんと
 被災地の現状を訴える亀岡
 球場は本当に暑かったが、子供達はのびのびと久々の汗を流していた。


 被災地代表として御礼のご挨拶
 立派な選手宣誓でした。
 同日、ホテルニューオータニでは福島物産展を出店。福島のお米がたくさん売れた。




8/10 飯舘村の菅野村長より依頼があり、自由民主党の長島忠美議員が飯舘村役場の出張所に招かれ、山古志村での経験や心構えなどを職員を交えて話し合った。




 亀岡の長女 さやかさんも仲間から集めてくれた義援金を菅野村長へ手渡した。
 チェルノブイリから寄付されたガイガーカウンターは一番信頼性のあるものだった。

 飯舘村の職員の皆様の前で講演をする長島議員
 亀岡もチェルノブイリ、IAEAで学んだことを皆に伝えた。



8/11 南相馬市の復興イベント祭りに出席しました。たくさんの人々で賑わい原町区、小高区、鹿島区みんなが力を合わせて新しいスタートを切りました。





8/13 福島市信稜地区の盆踊りは例年通り開催、天気も例年通りで毎年本当に暑い中皆元気に頑張っていた。




 伊達市保原町 円福寺の住職さんのお話、毎年きれいな蓮の花を咲かせて皆にプレゼントしている。


梁川町山舟生の林業構改センターでも例年通りのお祭りの準備が行われていた。



梁川町白根のお祭りではたくさんの若者で溢れていた。


霊山町泉原もいつもの若者が頑張っていた。

桑折町谷地では老人クラブの皆様がげんきいっぱい。




飯坂町茂庭でも若者が元気いっぱい働いていた、県道399のより早い復旧を求めている。


霊山町大石では北部と南部に分かれてお祭り、盆踊りが盛大に開催されていた。



歴史ある山車
上名倉の東源寺でもいつも変わらないみんなが地区をもりあげていた。
東源寺の住職さんと
平田地区の盆踊りは体育館内での開催
金谷川小学校にて
太田町の夏祭りは雨がやんで無事盛り上がった。

五十辺地区のお祭りにて

 8/21 亀岡の早大野球部時代の同級生 野村 豊(熊本日日新聞社 熊本総局長 兼論説委員)  が福島を訪れた。



 漁師さん達の生の声を聞いてきました。

 漁師の皆様はいつもどおりの漁が出来ることを待ち望んでいます。
相馬 道の駅でお買い物をする野村氏


 相馬市の柚ノ木地区の仮設住宅で区長達と復旧復興の打ち合わせを行った。


 福島市飯坂町湯野の楠木貞雄さんから80箱もの桃が仮設住宅の皆様へプレゼントされた、亀岡事務所の車二台ぎゅうぎゅう詰めで運び、皆様に届けられた。
 本当に皆さん喜んでくださいました。
 たくさんの桃と一緒にパチリ
 野村氏の奥様から手作りのバッグがプレゼントされた。
桃を配る様子

その後南相馬市原町区にて報告会を開催した。