2011年3月29日火曜日

― 素 晴 ら し い 仲 間 達 ―


25日
25日から奪還の会の仲間が来てくれた。
まず新地の避難所に行き、トラック2台分の救援物資を送り届けた。新地の皆さん「新しい靴と靴下など、今一番欲しいものを集めてくれた」と大変喜んで下さった。
さらに、相馬に入って、少し遅い時間になってしまったが新しい靴と靴下・下着を配った。
本当に心から「助かった」「ありがとう」の声が返ってきた。
私は、こんなこんな素晴らしい仲間に感謝している。行政では出来ない事。きめ細やかな対応に心から感謝している。
持って行った時の、皆さんの安心する顔、そして靴や靴下がきた事への喜び、本当に多くの協力してくれた仲間に感謝したい。人間がつくる社会・人のつながり、私達日本人の誇りだとあらためて感謝する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27日
遺体捜索隊2日目、朝700出発で黙々とみんな頑張ってくれている。南相馬市中川庄一市議大隊長指揮の元、全員が警察隊とともに捜索に入った。
始め黙祷から心が入る。寒い中、警察の防備とは違い誰が見ても素人集団、しかし本当に真剣に、早く遺族のもとに帰したいという気持ちが全員から伝わってきた
そんな中に谷垣総裁が我々捜索隊のところにも来て下さった。現場を見て、黙々と頑張るみんなをしっかり激励して下さった。それどころか一人一人頭を下げて「ありがとう」と感謝の気持ちをのべて下さった。

~今一番苦しい飯舘村へ~
放射能濃度が日本一高いという事実は村民を失望へと追い込んでいる。
菅野典雄村長はじめ多くの方々ががっかりして肩をおとしていた。
村の関係者全員が集まっているところへ、まず、私達奪還の会のメンバーが入り、皆さんの声をきいた。誰からも出る話に、本当に今飯舘村の追い詰められている状況がわかった。「なぜここだけが一番放射能濃度が一番高いのか?」「これからこの農業立村はどうなるのか?」谷垣総裁がくる前に一通り聞いた。 そこに谷垣総裁が到着し、一人一人から丁寧に要望を聞き、丁寧に応えてくれた。奪還の会のメンバーが先に話し合いをしてくれていたから、皆様落ち着いての要望活動会議になった。

0 件のコメント: